• Pot眼鏡店の店主

ふう

台風は過ぎ去ったはずやのに、蒸し暑さをそのまま

おいて帰らんでも。

迷惑なんですけど!

たまにメガネ屋らしい話題を挟んでいますブログなんですけど、Potにご来店下さるお客様のメガネの不具合を書いてみますと、


「メガネをかけているとしんどい」

「きつく見える感じがする」

「頭痛になる」

   ↓

「度数をゆるく合わせてほしい」

「半年前に作った老眼見にくい」

などなどありまして、総じて


「そもそも度数が会っていない」

「レンズの加工が悪くレンズをゆがめてフレームにはめている」

「顔に合わせてフレームのフィッティング(調整)が全く出来ていない。

3っつしか書いていませんけど、この3っつをメガネ屋として普通に仕事をすれば、見え方の不満はほぼ解消されもう一つ付け加えるならば、使用目的に応じてレンズの選択と度数設定をしっかりお客様と話をして決めるだけなのです。

本当はもう一つ大事な検査があるのですが、今日はやめておきます。


でもこれには時間が必要となり、効率とか、費用対効果などとして、検眼5分では超能力でもない限り無理なのです。フィテッィングも5分では無理ですね(そもそもフィッティングをしているメガネ屋さんもほぼ存在していないですね)。


なので、お客様にはよく言わせて頂いていますけど、世の中のメガネを販売しているお店は「メガネ屋さんふう」でしかないのです。残念ながら。

仕事ではなく決められた、指導された作業なのです。


久々に字数が多くなってしまったではないですか!ちゃんとブログをかいているふうに努力してみました。


それでは明日お会いしましょう。


Pot眼鏡店 鍋島

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示