• Pot眼鏡店の店主

知らぬが仏?

寒いんですけど。

エアコンの暖房試運転前にフィルター掃除をしました。

最近Potに初めて、ご来店されるお客様が使用されていたメガネの不調で多いのが、過矯正メガネをかけていることによる、頭痛や目の奥が重痛いなど、体の不調まで訴えられる方が続いたのです。過矯正のメガネを他店さんが調整した原因がはっきりしていて近視内斜位の方ばかりだったのです。

見事までに。

残念なことに日本全国のほとんどのメガネ屋さんが両眼視検査をしないが為に起こる現象で、メガネ屋さんが知らずに過矯正にしてしまっているのです。

知らないので仕方がないとも言えず、お金を出して犠牲になるのはお客様なのです。

「お客様のご意見にそったメガネを作りましたよ!」と。

内斜位の方のニュートラルな目の位置が字のごとく、少し内側に向いています。

パット見た目はわからなくても。

内斜位の目ですと遠くを見る時には眼球を外側に向ける作業が必要です。

しかし、近視の度数を強くすればするほど、眼球を外側に向ける力が必要となり、すーっと眼球が動いてくれなくなって、ぐぐ~っと力を入れて眼球を動かさないといけないので

遠くにピントが合うのに多少時間がかかります。

よって、そんな事を知らないユーザーさんはもっと見えるようにと、メガネ屋さんに要望するわけです。

そうしたら、知らないメガネ屋さんはユーザーさん本来の近視度数よりも、強いメガネを作ってしまうわけです。

そこに危険が存在しているとも知らずにです。

ユーザーさんは一見、見えているようで遠くを見る時は、ぐぐ~っと頑張り続けないといけないので、頭痛などに悩まされるのです。


度々言わせていただいておりますが、目は楽をさせてなんぼです。


長文になってしまいましたが、読んでくださってありがとうございます。


それでは明日お会いいたしましょう。


Pot眼鏡店 鍋島

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示