• Pot眼鏡店の店主

片眼強度乱視

今日は、ご近所のご新規さんにもご注文をいただけ、くるくる舞っています。


今日のお客様紹介は、うちの長男と幼稚園、小中学校まで同級生だったMちゃんのお母さんNさんです。


Nさんは片眼だけ遠視性強度乱視で、コンタクトメインの生活でしたが、だんだんとコンタクトがしんどくなってきて、メガネメインの生活を希望され来店。


メガネも、もちろん使用されていましたが、よくあるパターンで乱視が違和感なるからとメガネ屋さんが忖度して度数をゆるくしすぎ、利き目ばかり使ってしっかり両眼視ができないので、かけないよりはましだけど、しんどい(疲れる)となるわけです。

利き目が見えてれば問題ないではなく、両眼しっかり使ってこそ人は楽に見えるので、違和感をしっかり説明して、しっかりめに乱視をいれました。


いざ、出来上がりのメガネをかけていただくと、思っていたほどの違和感は感じなかったようで、むしろ両眼視の効果を喜んでいただけ、後日ばったりお会いした時も「調子よくて」と喜んでいただけてました。


レンズはもちろん大人の遠近両用レンズ。違和感がより出るから遠近両用はやめましょうではなく、両眼視をしっかり使っていただくためにも、将来のためにも遠近両用以外の選択はありませんでした。

Nさんの見え方が楽になったのが、何よりもです。


見え方に困っている方は、気軽に相談してください。


Pot眼鏡店  鍋島

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示