• Pot眼鏡店の店主

ほんの20年

雨ですが、花散らしにはならずに済みそうなので、もうちょっと桜を楽しめそうですね。

2年前の今頃はPotをオープンするべく、店舗内の解体工事が始まったころでした。

騒音、振動のお断りの挨拶はしてはいたものの、クレーム対応に追われていたのも、今となっては楽しかったと思えるのです。

内外装の工事がはじまり、工事代金の節約の為に、春休みだった次男の手を借りて、オープン2日前まで事あるごとに手伝ってもらえることが出来て、助かったのは言うまでもありません。その次男が4月1日には家を巣立つのです。

長男の誕生から、子供と生活を共にできたのはほんの20年でした。

さみしくはありますが、子供があきらかに親を超えてどんどん成長していくさまは見ていて楽しいものです。

家を出て、どうなるのかもさらに楽しみなのです。

そして、なによりも我が家としては、足を踏み入れたことのない、未開の地へと遊びに行く理由が出来たのが楽しみで、楽しみで。なのでコロナ君には、居座わらんとさっさと早くあっちへ行ってほしいんやけど!


それでは明日お会いしましょう。


Pot眼鏡店 鍋島


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示