Pot眼鏡店

​​みのお西小路にある眼鏡屋さん

Pot眼鏡店では、ここのオリジナリティーに合う眼鏡を店長が一歩一歩寄り添ってお客様とご一緒に作ってまいります。自分にフィットした眼鏡は、若く美しく魅力的に見せるものです。ぜひPot眼鏡店こだわり厳選のメガネを手に取ってみてください。どんな小さなことでもお客様と誠実に向き合うこと、それはPot眼鏡店の喜びです。

素敵なメガネ、かけていますか?

今のメガネ、かけることが苦痛になっていませんか?見え方に違和感はありませんか?

例えば裸眼視力が1.0以上ある人でも肩こりや頭痛を起こすことがあり、

その原因は眼球運動の不得意があったりします。

これらは精密に眼球を調整することで改善できるのです。

視生活環境は人生そのものと結びついています。

弱視治療用メガネ

14年前、長男が弱視治療用メガネをかけることになりました。

 

この仕事を始めて26年になり、26年前から弱視治療用メガネに関わってきたものの、

自分の息子のこととなると動揺したことは言うまでもありません。

 

そこから、今までと同じように処方箋があればどこの眼鏡店でもメガネができるのでは、

仕事としての意味がないと感じました。

不安に思う保護者様に必要とされる情報提供だけではなく、お客様には見えにくい細かい技術にも力を入れ、

弱視治療にくわしい眼科医や視能訓練士さんとも連携しております。

 

気軽に、お電話でも構いませんのでご相談をお待ちしております。

店長から

​Pot眼鏡店代表:鍋島 悟

1969年生まれ

日本眼鏡技術専門学校卒業 認定眼鏡士SS級

眼鏡学校卒業後、大阪老舗眼鏡店入社

2019年3月末退社し独立

趣味 川遊び、夏は1日川に流され、浸かって、魚に遊んでもらっていても飽きない。

アウトドア

私が独立する以前に26年間勤務したメガネ店ではハズキ○ー○は年に5本も売れればよい方でした。

 

「ハズキ○ー○ある?」とご来店されたお客様に「なぜハズキですか?」と伺うとみなさんほぼ同じ答えが返ってきました。

 

「買ったばかりの老眼鏡が見えへんねん」と、大体このような答えが返ってきます。

 

「ものは試しに検査してみましょう」と見え方を確認していただくと、みなさんのおこたえは「ハズキいらんやん」「老眼鏡でこんなにちゃんと見えるんや」です。

 眼鏡店の仕事は一緒ではないことを知って頂きたい。

 

取り扱うレンズも、フレームも。

 

さらに責任を持って似合うメガネをご提案いたします。

メガネを新しくしたのに、買った喜びもなければ、楽しくもなく、周りからほめられもしないなんて、そんな残念なことはありません。

 

そして巷には、メガネが下がって鼻眼鏡になっている人の多いこと。

初めてご来店されたお客様のほとんどが、メガネを調整する際に「こんな高い位置でかけるの?」とおどろかれます。どんなおしゃれなメガネでも、鼻眼鏡になっていると

残念な表情にもなり、どんなに高設計のレンズでも見え方は悪くなります。

 

眼鏡屋はすべての仕事において同じではありません。

アクセス/お問い合わせ

阪急箕面駅から南へ800m

​千里中央駅→阪急バス⑦番のりば井口堂行、箕面市役所前下車、北へ300m

駐車場:一台限り

〒562-0003 大阪府箕面市西小路2丁目7-16箕面朝日ビル1F

090-9860-8996

 
 
 

営業時間

ご来店をお待ちしております

営業時間:9:30〜19:00
休:毎週木曜日・第三日曜日

 

​BRAND

-

KAMURO
AKITTO
VioRou 
JAPONISM
BCPC
Lafont
FLEA
RIDOL
Zparts

KID

Kooki
BCPC
トマトグラッシーズ

LENS

東海光学
HOYA
Kodak

 

©2019 by Pot眼鏡店. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now